BMW Z3 キーレスキー 作製

BMW Z3 キーレスキー 作製

pixta_22579052_S

  • BMW Z3 2000年式 キーレスキーの作製をしました。

この年式のキーはイモビライザーが付いています。

しかもカギからコピーが出来ないローリングコードタイプです。

なので車からコンピューターを取り外します。

IMG_0079

EWS3 モジュールです。

この中にイモビライザーのデータが入っていますので

読み出してキーデータをイモビライザーチップに書き込みます。

  • キーが完成

IMG_0078

左が元キーで右が今回作製したキーレスキーです。

  • 赤外線方式のキーレスキー

キーレスは赤外線方式なので車に向けないと反応しません。

テレビのリモコンみたいな方式です。

元のキーは、最初登録が消えていてリモコンが効かなかったのですが

同時登録したら、元キーもリモコン操作が効くようになりました。

  • BMWのドアロックはキーレスキーで

BMWはキーレスでドアロックを施解錠してあげないと

シリンダーが壊れやすいので

キーレスは絶対にあった方が良いと思います。

  • キーシリンダーの動作チェックは必須

しかし、バッテリーが上がった時にドアのシリンダーが故障していたら

カギが開きませんので、シリンダーでカギが開け閉め出来るか

チェックもしておいた方が良いと思います。

ロードサービスでキーは手元にあるのにカギでもキーレスでも開かないと言う事が

たまにあります。

バッテリーが上がってシリンダーの故障にその時に初めて気が付いたと言う感じです。

その場合本当に開ける方法がありません。

他にキーシリンダーがあれば良いのですが、無い場合はレッカーして

ディーラーでリフトアップしてバッテリーをつなぐ等しないと開かないかも?

シリンダーの裏のリンクが割れて開かない場合があるのです。

欧州車は複雑な仕組みになっていたりするので、一概に故障とは言い切れませんが

故障の場合は開けれずにキャンセルして帰ることもあります。

交換用のシリンダーを常備している鍵屋さんもいるようですが

かなり大変な事になるでしょう。

大阪の鍵屋セキュリティアップスの尾崎でした。

http://security-ups.com

フリーコール 0120-73-1169

 

関連カテゴリー:

Posted on 2017年01月27日 in スペアキー, セキュリティアップス, ドイツ車  Mercedes BMW VolksWagen Audi Mini(BMW) Smart(mcc), ブログ, 外国産車の鍵